4月から消費税が上がって…

消費税増税から一か月半が過ぎた。買いだめた米も減ってきた。そろそろ買い出ししなくてはと言う頃。
一見、スーパーに並ぶ商品の値段はあまり上がった感じがしない。不思議だ。

税込表示が税抜になったせいもある。
でも、よく見ると一個当たりの量を減らす作戦に出ているとわかる。
納豆一パックの量は減ったような気がするし、歯磨きチューブの容量も減っているようだ。
先日、いつも使っていた柔軟仕上げ剤が店頭から無くなっていたので、調べてみると、3月末で生産終了となっていた。この容器は620mlと大き目で、詰め替え用も500ml以上は入っていたと思う。しかし、これに代わる新製品は容器が小さくなり、詰め替え用もそれによって小さくなっていた。しかし、値段は前売っていたのと同じであるから、確実に値段が上がったわけだが、なんとなく容量まで気にしないと、店頭で手に取って買う際、あんまり変わってないような気にさせる。うまいことを考えたものだ。
私としては前のまま売ってほしかった。税金分値段が上がってもいいから、前のは気に入っていたので。なんだか、姑息に騙されている感じが嫌なのだ。
企業の戦略だか何だか、知らないが、消費者はバカだからだましてやろう、ごまかしてやろうという意図が見えるから嫌なのだ。

納豆一パックの量が減ったのは今に始まったことではないだろうけれど、きっと他の食品も少しずつ減らしているんだろうな。確かバターひと箱も減らすとかニュースでやっていた。バターや牛乳などはしっかり何グラムと決まっていたりするので、告知するのだろうけれど。そういえばチーズも小さくなった感じもする。

食品については企業の立場からもまあ仕方ないかなと思うのだけれど、先の柔軟剤とか洗剤類などモデルチェンジが急に行われると、詰め替え用でなく容器から買い替えなければならないのが嫌だ。売れゆき悪くて生産中止になったのなら、仕方ないが、あの製品はそうではなかったはず。ドイツの製品みたいに何十年も変わらずモデルチェンジなしでずっと置いてあるようなものを目指して作ってもらいたいものだ。企業ももっと自信もてばいいのに。
消費税分値段が上がった、と正々堂々として売ってほしい。

結局私の自衛手段としては柔軟仕上げ剤の使用量を減らすこと、なるべくクエン酸などにするつもりで、今回リニューアルしたメーカーのは腹が立つので買わないぞと決めた。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード