退化する日本

右翼の安倍政権の安保法制の説明を聞いていると、日本は他国よりも劣っているかのごとく言っている気がする。
ブログで人気ありげなネット右翼の人の意見を読むと、今までの日本は机上の空論、お花畑の考え方と決めつけ、軍隊を持ち、核武装し、徴兵制を敷いて、やっと他国と渡り合える、一人前の国になると言っているようだ。
毎日のように中国や韓国の悪口を書いて、敵意をあおっている。

ちょっと考え方を変えれば、今までの日本は他国に比べて進化した考え方をした国だったのではないか。
戦わない、二度と戦争をしないと憲法で決めたのだから。
他の国にあまりない憲法だとしたら、それを誇るべきであって、自慢していいのだ。
安倍政権が日本を退化させようとしている。戦前回帰だ。

問題は今の大人たちはバカな政治家ばかり選んできてしまったことだ。
地元の有力者や政治家の息子たちを選んだために今の日本がある。
戦争を全く知らないばかりか、苦しむ国民の側に立っていない、目線が統治者側にあるために、経済が潤う、欧米と肩を並べられるというつまらない欲望のために、政治を動かしている。つまるところ、金と名誉だろう。
ネトウヨに女性も多いと聞くが、彼女らの息子が戦地に行くとき、はじめて後悔するのではないか。いや、お国のために行ってきなさいと喜んで送り出すのか?今勇ましいことを言っていて本当に良いのか?
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード