日本はトランス脂肪酸の規制をしないのはなぜ?

前にもトランス脂肪酸の他国ではどんどん規制してきているという記事を書いた。
http://norimaki934.blog64.fc2.com/blog-entry-260.html
アメリカではついに禁止となった。以下ニュース記事をコピー。
*********
米「トランス脂肪酸」全廃

6月17日(水)
 マーガリンなどに含まれている「トランス脂肪酸」。アメリカのFDA=食品医薬品局は、動脈疾患との関連が指摘されていることなどから、トランス脂肪酸を多く含む油脂について、食品への使用を3年以内に全廃するよう通達しました。日本の対応は、どうなっているのでしょうか。

 日本でも、トランス脂肪酸は、マーガリンやお菓子をつくるときに使われるショートニングなどに含まれていますが、現在、表示の義務や含有量に関する基準値はありません。

 「分からないです。あまり何が入っているか気にしたことがない」
 「よくニュースとか周りのネットとかでは、体にあんまり良くないとは聞くので、回数は減らそうかなと」

 WHOは、トランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の1%未満にするように勧告していますが、日本人の平均の摂取量は0.3%と推計されていて、内閣府の食品安全委員会は、「日本人の摂取量は少なく、通常の食生活では健康への影響は少ない」としています。

 「日本人の平均値に関しては届いていないので、規制が必要という状態ではない。ただあくまで平均値なので、何かをたくさん食べたりということは避けた方がいい」(管理栄養士 浅尾貴子さん)

 今回のFDAの対応を受けて、食品安全委員会は、「今のところ評価を見直すことは考えにくい」としています。(17日16:59)

*****************

日本はやっぱり、何もしない。食品安全委員会?
ネットのアンケートでも規制して欲しいという人が圧倒的であった。下のサイトでも批判していた。

http://biz-journal.jp/2014/02/post_4177.html
日本人は欧米とは違ってあまり摂取しないから、などというなんともとぼけた言い訳。
身体に毒だが、少量なら問題ないと。
トランス脂肪酸、体にとっては不要な毒であるとわかったのだから何をためらう必要があるのか。
もちろん塩だってとりすぎたら、毒だ。しかし塩はしょっぱいので、自分で制限できるのだが、トランス脂肪酸は油の一種であるから、そうそう身体には敏感にはわからないために制限は難しい。
エルビス・プレスリー、彼はドーナッツが好きで毎日たくさん食べていたために心臓疾患で亡くなったという話が象徴的ではないか。
子供に与える菓子にはいっぱいショートニングが使われている日本のメーカー。
いい油と悪い油があるとしたら、悪い油はやめましょうとなぜ言えないのか。
これは政府と企業の思惑がからんでいるんではないだろうか?
少しなら問題ないという言い方が腹が立つ。放射能の問題の時と似ているようだ。少しなら問題ない。
ただ、最近はココナッツオイルやオリーブオイルがブームとなっているのは良い傾向だと思う。さらにアマニ油、えごま油などオメガ3の油を摂るとよいと女性たちは敏感に対応している。女性から意識改革は始まるかもしれない。
日本のメーカーのサラダオイルやドレッシングやパンや菓子はマーガリンとショートニング、加工油脂が多いので危ないと感じてる。そういう人がもっと増えれば国も重い腰をあげるのではないだろうか。


最近みつけたマヨネーズ、美味しかったので2個目購入した。

スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード