「年収防衛」を読みました。

年収防衛―大恐慌時代に「自分防衛力」をつける (角川SSC新書 55)年収防衛―大恐慌時代に「自分防衛力」をつける (角川SSC新書 55)
(2008/11)
森永 卓郎

商品詳細を見る


ざっと内容の紹介です。

2008年9月15日のりーマン・ブラザーズ証券が経営破綻して世界恐慌になるのではないかという状態になっており、私達の生活にも忍び寄ってきます。単なる景気後退の表れではなく、時代の大きな転換期に来ている苦しみです。

新自由主義政策をとってきたのはイギリスとアメリカと日本のみでヨーロッパでは社会民主主義でした。社会民主主義というのは弱肉強食になってしまう資本主義の欠点を高負担、高福祉で補おうとする政策です。
日本は労働時間が長いのに、所得水準はヨーロッパ並みに落ちてしまいました。
ヨーロッパは労働時間が短く、所得も低いのが当然でしたが。
それなら日本も労働時間を減らしてもいいじゃないでしょうか?

オランダは大成功した国です。
一時14パーセントの失業率になった雇用問題を解決しました。
労働側は無理な賃上げ要求しない、企業側は安易な解雇はしない、パートタイム雇用を促進する。
パートの時給を正社員と同じにする。日本は正社員2410円、パート964円。
パートも社会保険、企業年金、福利厚生など正社員と同じ待遇。
そして10年後、オランダは失業率5パーセントになりました。

無理のない働き方をしているからこそ、いい働きができたのではないでしょうか?
今の日本のように精根尽き果てて働き続けるような生活をしていたら、いい仕事なんてできないでしょう。

まず日本もパートタイマーと正社員の時給を同じにすべきです。
大部分の人が望んでいるライフスタイルは、そんなに大金持ちでなくてよいから、「そこそこ稼いで、ほどほどに暮らす」ことではないでしょうか?

景気回復策には昔から対立がありました。
19世紀末から20世紀初頭にかけてはウェーバー「勤勉と節約が経済政策の源泉」とゾンバルト「恋愛と贅沢が経済成長の源泉」の対立、
現代は新古典派(新自由主義を信望する経済学)とケイジアン(ジョン・ケインズの提唱した理論を支持する経済学者)の対立と同じ。

ゾンバルトの恋愛の効果。貴族の女性への新しい貢物、レースやガラス製品陶器、絹織物などの消費が増えました。最近でもポケットベルや携帯、パソコンなども動機が恋愛の力だったりするので同じです。付加価値のある良い物を作ることでフランスもイタリア、スペインも成功しています。
ファッション、化粧品、香水、工芸品、家具など。
ワクワクドキドキして人を感動させる芸術品は江戸時代で終わってしまって残念。明治から日本には感性の高いものづくりに失敗してしまいました。

アートは日本では100年の遅れをとってしまいました。日本やアメリカは中国の製品と競合してモノつくりが衰退して「産業の空洞化」に悩まされていますが、イタリア製品は中国製品と競合しないのでいいのです。芸術という付加価値がつくからです。

非正規社員が最近ずっと増え続けています。
この人件費カットのおかげで企業収益が増やして、大企業の役員報酬が増えた、というデータが出ているのは驚きです。この5年間で2倍以上の報酬になっているという事実があります。中小企業の役員報酬は減っているのですが。

ここから話はがらっと変わって、この時代を働くか、どう乗り切るかという話になっています。
可愛がられる人物でいること。簡単に辞めたりしない。まわりの空気を読んで仕事に取り組む。
夫婦共働きが基本。一日休養、一日教養。パートから正社員への道を目指して頑張ること。

高齢期の恋愛のすすめを書いています。食料自給率が低い。穀物が60パーセント。
多少値段が上がっても小規模でもいいから農業収入だけで生活できるしくみを作らなければ。
今の農水省のやり方は間違っていると思います。
定年退職者のニーズも多様化しているし、ライフスタイルが変化している今、独身が多くなり、今までと違っています。

資産運用についての話がありましたがここは割愛します。

この先自民党も民主党も弱肉強食の構造改革路線でいきそうなので、新自由主義は続きそうです。
なので給料も増えないで、お金がない状態がつづくとは思われますが、たとえばサーファーのコミニュティや昔の没落貴族に学んで、幸せに暮らすことを目指したらどうか?と提案しています。

「そこそこ稼いで、ほどほどに暮らす」まずは節約から。女性や主婦ならわりあい知ってる話で、家計に占める固定費からまずは節約することとか、カードのポイントをためる工夫とか、色々。
節約して賢く暮らしましょう、自分の身を守りましょうということです。

いまさら白馬の王子様が助けてくれるということはないでしょう。もう我々は強い独裁者を求めてはいけないと知っていますよね。あの独裁的な小泉さんに託してしまって、こんな状態になってしまった経験からです。

★★
確かに人間の根源にあるもの、異性を意識するからこそ、エネルギーが湧くというか生きる原動力になります。美しくありたいとか、素敵だと思いたいとか、そういうのはありますよね。
韓国俳優ヨン様ブームで韓国ドラマDVDや関連の物や韓国旅行などすごく売れましたが、やはりそこに喜びや希望があるから力も湧くと言うものです。あの経済効果はばっちりあったと言えます。
芸術的な作品や本当に美しいものに対しても、多少高くても手に入れたいという思いが出てきます。
人間というものの本質を突いているなと思います。

今の日本の政治を見てると、自民でも民主でも、大きく変化しそうにないことは確実のようです。誰かが救ってくれると夢をみたり、特定の人物に過剰の期待を寄せるのはまずいのですね。
今の現状で個人としてどうやって生きていくかが大事なんだろうと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード