自爆テロ=kamikaze

自爆テロの自爆犯を国際社会の新聞にはカミカズ「Kamikaze」と表記しているという。
私も自爆テロリストは日本の「特攻隊」と同じだと思っていたので、やっぱりそうか、と思った。
神風特攻隊は日本から見ると国のために命を投げ出した英雄でもあり、美化すればいくらでも言える。
特攻隊で国のためと行って亡くなった若者は完全に犠牲者である。彼らは洗脳されて。
特攻で亡くなった若者は6418人もいるという。
殺人を「聖戦」の名のもとに正当化する狂気と、国家に命を捧げる軍国主義の熱狂は全く別物とはいえまい、と東京新聞にもあった。
たとえば、今の自爆テロリストが日本人で日本のためにやっているとしたら、正義はここにあり、欧米は敵となるし、欧米が空爆をやめるまで続けるだろう。
先の大戦で、欧米側から見て、日本はしつこく自爆テロ攻撃をしてくるので、なんとしても日本を殲滅しなければならない、となり、ますます空襲を激しくし、民間人を大量に殺戮した。最後には原爆を落とすまでエスカレートしていったのだ。
神風特攻隊ができたのは、武器を作る金もなくなり追い込まれたからではないか。追い込まれたからこそ、そういう手段に出たのだ。

新聞によると元特攻隊員だった人は、「(特攻は)狙いはあくまで敵国兵。一般市民を巻き添えにするテロリストと一緒にしないで欲しい。」この気持ちもわかる。
元特攻隊員でも「特攻は人間を爆弾代わりにした、命を粗末にする残忍な攻撃で、その点だけは自爆テロと共通している。」と言った。

今の日本の自民党の政治家が欧米側の報道だけで、欧米人にでもなったかのように考えているし、正義はこちらにあり、癌細胞のようにちらばったISという組織を全滅させなければならない、とアメリカ、フランスと共に息巻いている。
70年前日本は白旗を出して負けましたと言って終わったのだが、ISの場合は単純な組織ではないし、武器でもうけたいフランスやアメリカの軍需産業は戦争を長引かせたいと思っているだろうし、戦いよりもやるべきことは、彼らの声に耳を傾けることではないかと思うのだが、あいかわらずにゴキブリでも全滅するかのように、やりつづけるだけで、終わりのない戦いが続いていく。彼らが負けましたといっておとなしくなると、本気で思っているのだろうか。戦争で儲けたい人たちがいる限り、続けたいのだと思う。一般人の犠牲者がたくさん出ても止めない。犠牲者がどんどん増えるだけである。おろかである。犠牲者の家族らがまた敵意をもち、戦闘員になり、組織が大きくなる、そういう連鎖が続くだけだ。

ISのトップ、指揮、命令を出しているところと話し合うことが先決で、すでに水面下でやっているとは思うが…。
生き残ったISの戦闘員を捕まえて、だれが命令したのか探ったりしているはず。
たぶん色々な組織があって、その中心人物がわからないかもしれないが、それをつかむしかない。

かつての日本でいえば、天皇や軍部のトップだ。日本も最終的には話し合って止めたはずだ。
しかしその時期は散々やられた後、焼け野原になってから、数百万人の死者が出てからだったが。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード