戦争のつくり方 戦争の準備をしている日本

リュウマの独り言様ブログから
教えていただきました。
この動画アニメーションは2004年に作られたそうなのですが、
今まさに戦争へ向かっている!と感じて怖くなりました。



先日は船舶乗務員などに緊急の場合に自衛隊のような働きをしてほしいと政府が要請してそれに反発したというニュースもありました。

民間船員を予備自衛官とし、有事の際に活用する防衛省の計画に対し、全国の船員で作る労組の全日本海員組合が1月29日、東京都内で記者会見し、「事実上の徴用で断じて許されない」とする声明を発表した。防衛省は「強制はしない」としているが、現場の声を代弁する組合が「見えない圧力がかかる」と批判の声を上げた。 毎日新聞より

高市総務相は先日、放送が政治的な公平性を欠いた場合は「電波停止の可能性もある」とまで発言しました。

こうやってどんどん、恐ろしいほどのスピードで進めています。

今年の夏の参議院選挙でも自民党は勝つのでしょうか。

私の母親世代から聞いた戦前、母はまだ小さい子供で、学校で歴代の天皇の名前の暗記、教育勅語など教わり、日露戦争で勝ったという数え歌も無邪気に歌っていたわけで、子供たちにとっては、疑問もないんです。男の子は将来は兵隊さん、お国のために、と夢を持ったりしていたのですね。教育から、社会全体の雰囲気がそうなのですから、それに異を唱える人のほうがおかしい、という風になるんですね。

そういう準備が今の安倍政権から始まっているってことなんです。



スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード