ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

熊本地震、川内原発なぜ止めないのか?

熊本の地震で被災されている方々、九州全体で今も止まない地震に、心休まらぬ日々を過ごされていると思います。
東日本大震災の余震が関東でも続いていたころ、毎日ゆれていたので常にふわふわとした感覚がとれなくて困ったことを思い出します。緊急地震速報の音にもびくびくしてしまい、臆病な私は神経が休まりませんでしたが、熊本の今回の地震の多さと大きさはその比ではないようです。察するに余りあります。早く安らげる日々が訪れますように、と願わずにはいられません。

東京新聞の斉藤美奈子さんの「本音のコラム」はいつも痛快でうなづくことばかりですが、今回も川内原発をなぜ止めないか、という話をしてくれています。
断層帯の南西にも震源地が移動している今、どんな理由でもいいから、止める、というのが、普通の判断だと思います。
熊本から南西の断層に再稼働したばかりの川内原発があります。
「なぜ止めないのか?」に、斉藤美奈子さんの推測は、
やっと再稼働にこじつけたのに、そう簡単に止められるかという意地。
ここで止めたら二度と稼働できなくなるという不安。
危機を乗り越えれば日本の原発の安全性が立証できるという期待。
停止を求める声に屈したら負けだと言う面子。
停止に伴うリスクを負いたくないという自己保身。

の5個。なるほどです。先の戦争を止められなかった理由と同じだ、とあります。
いずれも、実にくだらない理由。取るに足らない理由です。

原発に異常なし、と報道されても、全然安心できないよ、と思うのが今の普通の日本人の心情ではないでしょうか?
偉い人がいうんだから、大丈夫だろうと信頼している、というよりもそもそも関心がない、という人も多いとは思います。
政府や原発を推進したい人たちはとにかく国民には無関心でいてほしいと思っているはずです。
”原発を止めたら”というツイートをしただけで反発コメント攻撃を受けるらしいですね。
彼らの発想では、原発止めろというのは左翼、ブサヨの考え方らしいです。
無関心でいるべきなのに、余計な口を出すなと、言うんでしょう。

震源がだんだん北東にも伸びれば、伊方原発も。ただ、ここは停止中ではありますが、それでも津波や強震がきて破壊されないとはいいきれませんよね。
4月17日の12:09に伊予灘が震源地で小規模ですが、一件ありました。和歌山にもありました。ずっと先の千葉にも。
いずれも中央構造線断層帯上であります。

今年に入ってからの大きめの地震や噴火を書き出してみると、
1月11日に青森 震度5弱、1月14日浦賀(神奈川)で震度5弱(M6.7)
2月5日桜島噴火、神奈川東部で震度4、
3月3日に宮崎で震度4
4月4日三重沖(M6.1)震度4、4月14日~現在 熊本(M6.4)震度7から震度6強(M7.3)~5弱と多数

こうしてみると、九州の宮崎にもあったこと、三重沖にもあったこと、神奈川など関東地域も今回の地震とつがなりがあったのではないか、など考えさせられます。(もちろん、あくまでも私見ですが。)


海外、遠くのほうでは、3月2日スマトラ沖(M7.9)、4月4日の南太平洋(M6.9)と4月16日の南米エクアドル(M7.8)の地震がありました。フィリピン海プレート、太平洋プレートのヘリ、いずれも地震の多発地帯ではありますが、活発に地球上で動き始めていることは確かです。

被災地の様子を見ていると明日は我が身、と思います。地震は止められないなら、原発事故リスクを減らして欲しい、早く止めてほしい、廃炉をどんどん進めてほしい、というのが今の私の希望であります。cyuou
スポンサーサイト
  1. 2016/04/20(水) 21:50:37|
  2. 原子力
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://norimaki934.blog64.fc2.com/tb.php/337-932ea8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)