ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

自民党議員連盟 創生「日本」のおどろき発言



どうやら、おかしな人たちが自民党に集まってきてしまったようです。いやいや、自民党の人は皆、本音はこれかもしれません。
日本人は人権意識などは持たないほうがいいそうですよ。平和主義もいらない、国民主権もいらないそうです。

ひたすら国のために、国と言っても、国体っていうんですか、天皇のために奉仕して、守るために命も投げ出すくらいの気持ちで生きろというのですから、まさに戦前、現人神である天皇陛下への忠誠を誓った軍国主義復活ですね。

あのころ(戦前)は良かったという書物が出てきたころ、たしか、小林よしのり氏のマンガ、「戦争論」でしたか、私も読みました。
それで、ちょっと私も右翼っぽい思想を取り入れたことがあったのですが、まあ、それは特攻隊や国のために死んでいった方への同情心であり、日本もそんなに悪くはなかったはず、韓国や中国がとても悪くねつ造しているのかも、なんて思ったこともあったのです。
でも、やっぱり、それは子供じみた話で、何か熱狂的で歪んでいました。
日教組というのが、子供の教育にあまりにも政治的というか、左翼っぽくて、悪しき平等主義みたいなものもあってそういうのが自民党は嫌だったのだろう、と思うところもあったのですが、それも今となってはどっちもどっちです。

私としては人として生まれて、生きていく権利、自由があって当たり前だと思いますし、社会的に奉仕しなくてはいけないとは思ってはいません。もちろん国のために、天皇のために、生まれてきたのではないと思います。真面目な方は、生まれてきた以上、社会に義務を果たそう!と言うのですが、そんなのはいいんです。何もしないでもいいんです。洗脳されてはいけません、…と、思います。

スポンサーサイト
  1. 2016/06/28(火) 17:45:52|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://norimaki934.blog64.fc2.com/tb.php/343-ef670b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)