もはや何をしても批判されない安倍政権…なんとかならないものか?

安倍内閣の今回の改造もさらに保守、右翼色が強くなりますます露骨になってきました。谷垣さん、馳さんなど右翼色の少ない感じの人がいなくなりました。防衛大臣に稲田さんとは、大胆不敵です。もはやなにをしても世論が騒がないことを知っているからなのでしょうか。世論=マスコミを抑え込んでいると思っているので、安心なのでしょうか?

国民一人ひとりは直接批判してもなかなか大きく盛り上げれないので、そのために野党がいるのに、最大の民進党はまったく役に立ちません。絶望的な日本です。これから行くところまでいかないと、振り子はふりきれないと戻らないのでしょうか?

都知事選も小池百合子がなりましたが、あきらかに安倍路線です。安倍と仲悪くふるまっていますが、実は違うでしょう。
安倍というか、ジャパンハンドラー達が喜ぶ人選なのです。彼女も日本会議に入っていますし、ひとり党から離れて、都議会連と闘う姿勢などうまいポーズでした。橋下氏と同じようなにおいがします。新自由主義者で、弱者切り捨てで、日本会議系バリバリの右翼というわけです。
もちろん、テレビではそんなことは一切報道されませんが。
今回、不正選挙が行われた可能性は捨てきれません。証拠が見つかってもきっとこれはすぐには表ざたにはならないのでしょう。これは今までの選挙の根幹を揺るがすことになるし、国の在り方全体にかかわる問題ですから。
選挙など真面目に行って投票してる我々はなんの力もないということになります。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード