ニュージーランドの法則?!

昨日11月22日、 福島沖M7.3の地震。最高震度5弱、最大1.4mの津波が発生しました。
今年11月13日にニュージーランドのクライストチャーチでM7.8の地震が起きた時、東北の3.11大震災を思い起こし、あの時と同じようで嫌だなあ、と不吉な予感がしました。それでこのところ、警戒していたので、昨日の朝方揺れたとき、とっさに”やっぱり、来た!”と感じてしまいました。

あれは2011年2月22日に日本人の学生の多数の死者が出たNZのクライストチャーチの地震の20日後、日本の3月9日、三陸沖で地震(M6.6最高震度5弱)が起き、関東も揺れ、その2日後、本震である3月11日の東日本大震災(M9.0、最大震度7)が起きたのでした。(実は2009年くらいからニュージーランドで起きてしばらくすると日本で大地震が起きている例は他にも何例もあるそうです。)

巷では、ニュージーランドの法則というらしいです。テレビでちょうどそのことを取り上げていて、専門家が出て来て、”たしかに太平洋プレートとフィリピン海プレートで2地点はつながっていますけれど、何百キロと離れているので、たまたまであって、これは全くの偶然というだけのことです。”と言っておりましたが、私は、地震の専門家とかの意見は最近はまったく信じる気にはなりません。
確かに今の地震学の理解では、学術的には無理なのでしょうが、何回も起きているのに無視できませんよ。
ここ数日も本震が起きるかもしれないので要注意です。どうか、起きませんように!!!
今回は津波警報で即避難、みな早かったそうで良かったです。
福島原発のことだけは祈るしかないですが。

今回も人工地震か、自然災害か、わかりませんが…。
人工地震であったら、その意図は?安倍首相がトランプ次期大統領に会いに行き、ロシアのプーチン大統領を日本に招く前で、米戦争屋の反感を買う行動をしている…からか?

ヒラリーが負け、トランプ大統領決まって良かったと思います。世界の潮流は反グローバリズムに変わってきています。
イギリスのEU離脱から、フランスの大統領選も変わっていく気配を見せているようですし、それは自然な流れなのです。
ただマスコミが正確に情報を伝えていないだけで、日本のテレビだけを見ていてもわかりません。
普通の多くの人たちの考え方が変わってきたことがだんだん明らかになっていくでしょう。
今はまだ、日本のテレビ、大新聞社がみなヒラリー側だったので、大騒ぎで焦りまくっている様子が見てとれます。
しかし近々で、今回の負け組が日本に何を仕掛けるのか、米国のジャパンハンドラーたちは今何を考えて、この先も日本に出入りして指図したり意見したりし続けるのか、今後の行動が気になりますが、とにかく、早く本国に帰っておとなしくして下さい、と思います。
(ジャパンハンドラーズはジョセフ・ナイ、リチャード・アーミテージ、その下にいるマイケル・グリーン、日本の中に入って圧力をかけていたジェラルド・カーチス、テレビにも良く出ていたロバート・フェルドマンなど。)




スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード