ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

”ISISはアメリカが作った”は本当だった!

テロ集団ISを作ったのはアメリカ、と今まで裏でいわれていましたし、、トランプがヒラリーに対して、そう言っていたのですが、ケリー国務長官がISISを作ったのはアメリカ、と発言したのは驚きです。
もう隠しきれない証拠がたくさん出てきたせいでしょう。
ロシアもその証拠を握って、トランプ氏が暴露する(前からヒラリーはIS前に、と思ったのでしょうか。

これはビッグすぎるニュースです!
アメリカの悪事、ウソがばれたわけですよ!
テロを撲滅するとか、言っていたアメリカ(米戦争屋たち)はもうなにもできなくなるのではないでしょうか。
世界の目はどうなるでしょう?欧米など反アサド政権だとしても騙されたわけですから。

オバマ大統領がアメリカ軍として兵を出したくなかったからという説明もありましたが、それにしても散々国民を脅かして各地でテロ行為をしてきたのが実はアメリカだったというのは。
ISに殺された日本人、とされているあの人たちはどうなっているのでしょうか?
あれがウソだったらいいのですが。

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i24268
*****************
アメリカのケリー国務長官が、「アメリカは、シリアのアサド政権を打倒するためにテロ組織ISISを結成した」との異例の発言を行いました。

英語のインターネットサイト、オフ・ガーディアンによりますと、ケリー長官は、シリアにおけるアメリカの主要な目的がアサド政権の打倒であるとし、「アメリカ政府は、この目的を果たすためにISISの結成を許可した」と語りました。

また、「アメリカは、ISISの結成やこの組織の権力増大により、シリアのアサド大統領にアメリカの望む外交的な解決手段を見出させ、退陣に追い込むことを希望していた」とし、「アメリカは、この2つの目的達成のために、ISISの一部のメンバーを武装化した」と述べています。

さらに、「アメリカ政府は、ISISがいつでもより強大化することを視野に入れていた」とし、「アメリカは、シリア政府がロシアに軍事支援を依頼するとは予想していなかった」としました。

この報告によりますと、シリアの反体制派グループの代表者との会談における、ケリー長官のこの談話の音声ファイルは、これ以前にCNNやアメリカの新聞ニューヨーク・タイムズに公開されていましたが、アメリカのISIS支援に関するおよそ35分間の部分は、アメリカのメディアにより検閲、削除されていました。

なお、内部告発サイト・ウィキりークスは、オバマ政権にISISが結成されたことに関する、アメリカの次期大統領トランプ氏の発言を認証し、昨年9月22日に行われたケリー長官のこの表明の音声ファイルを公開しています。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/10(火) 18:50:46|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://norimaki934.blog64.fc2.com/tb.php/358-66d1f65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)