反グローバリズムのトランプ革命

1月24日の田中宇さんのブログ(無料記事部分)ではトランプさんの就任演説を解説しておられ、たいへんに共感できた。
今はトランプ革命中のようだ。

トランプさんの就任演説で

「ずっと前から、ワシントンDCの小集団・エスタブリッシュメントだけが儲け、あなたたち米国民は失業や貧困にあえいでいる。だが今日からは違う。米政府はあなたたち米国民のものだ。(トランプが主導する)この運動は、米国の国家を(エスタブ小集団の支配から解放し)、米国民のための存在に変えるためにある」
と明言し、米国民に対し、エスタブ小集団を権力の座から追い出すトランプの運動に参加するよう呼びかけていることだ。

と、とりあげている。

私もトランプは多国籍の巨大企業と闘ってくれて、テロリストからアメリカ国民を守っているのだろう、と感じているのだが、日本の新聞、テレビ、ラジオではそう報道する声がほとんどなくて驚いている。

マスメディアは一方的に、トランプ大統領は移民や難民を苦しめている、差別主義者だとたたく。
白人至上主義者らしいですよ、とか、せっかくイスラム世界と和解しつつあるのに、世界を分断するのだろうか、と批判している。
しかし、そう彼を批判、たたくわりには、アメリカ国内では支持率は半分以上である。

マスメディアは国民の声を反映してまっすぐに報道しなくてはいけないのに、片方だけしか報道していないらしい。
アメリカのマスメディア全体がヒラリー側になっていたことがはっきりしただけでも、良かった、ウソが暴かれたともいえる。
アメリカ国民は覚醒しつつあるのだろう。
気がついた。おかしいぞ、と。
***
1月31日のマドモアゼル愛さんのブログでは、今年からグローバル化のウソがばれると言っている。

以下引用
その昔、ハワイ王国はハワイ王国であり、きっと幸福だったのだと思います。(中略)
日本も日本列島のなかで楽しく暮らしていたのではないでしょうか。

開国とは強制で、どの国もその国らしく生きるのが自然でしたが、そこに突如、国際ルールのようなまやかしがやってきて、すべての文化を壊し、その国にしかない貴重な民の持ち物を収奪していったのです。
(中略)
トランプもアメリカを半ば鎖国政策で、マスコミから叩かれています。でもアメリカはアメリカに戻りたいだけではないのかしら。

ロシアもロシアに戻り、ロシア人を守ると言っている。

アメリカもアメリカ人を守ればいい。
  
日本も日本人を守ればいいのであって、TPPの時代でないことがつきつけられているにも関わらず、まだやめようとしない。そこに利権があるからです。


貿易が便利で豊かであると意識をすり替えた物質主義者がいたのだと。
個人も国も一人に戻る時代になるでしょう、と氏は言っています。

個人の問題もそうで、一人であることを恐れすぎている社会だと指摘、家族(子供、孫)に囲まれた老後を幸せだと思い込み過ぎていること、我慢してまで人とつながっていることが幸せと言えるのか?と。
国の単位もそうで、日本も鎖国的政策をとることを恐れていることがおかしいのではないか?
多国籍企業ばかりで、日本らしい社会が消えて、殺伐とした社会になってきたところ、今年は転換期かもしれない。
欧米から、世界がひとつになることが幸せなのだろうか?と考え直しはじめたのだろう。
単一のグローバル化の進んだ、ワンワールドで皆が幸福になるとでも?なんの特色もない国の集まりが?
トランプのせいで戦争が起こると言う人がいるけれど、逆だと思う。ヒラリーだとテロ戦争、紛争が頻繁に起こっていただろうが、彼の元では戦争は起こらない、と思う。
ヒラリー陣営はしつこいので、この先もずっとトランプを引きずり下ろそうとするだろう、けれど、国民は覚醒してきたし、トランプ氏は賢いので、そう簡単にはつぶれないと思う。



スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード