ニューテンの部屋

政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。

安倍総理、なぜ支持率が下がらないのか?

安倍総理、なぜ支持率が下がらないのか?
東京新聞の「紙つぶて」で、そうだなあと思う話があった。
富士通総研の早川英男さんの言葉である。
「やってる感」だという。がんばっている人を貶めてはいけないという文化が日本にはあり、安倍総理がテレビに映る姿がいかにも「やってる感」を出しているからだと。
だから日本国民はみな、今安倍さんは頑張っているのだから支持しよう!となる。
全然成果は出ていないのに、「やってる感」を評価する文化は変えないといけない。
というのも、会社で長時間労働するのも同じ、無くならない。

それにしても第2次安倍政権は周到にマスコミ対策を練ってから満を持して出て来て、まんまとその策が成功して今に至るのだろう。たしかに一般国民が政治家を評価する手立てはテレビ新聞などのマスコミの評価を参考にしてしまう。
専門家が言うのだから、とまるまる信じてしまう。素直すぎる。もっと自分で考えよう!

安倍総理の奥様が代表になる、不正に安く買った元国有地の土地に学校を建てるとかでネットでは大騒ぎなのだが、テレビでは言われることはない。その学校では戦前の教育のような右翼というか、日本会議系の考え方を教育するものらしい。
今議題に挙がっている家庭教育支援法も家庭教育で国の一員としての役割を教え込むみたいな話だ。
随分と力の入った政策のようだが、今、はたしてたくさんその必要性を感じている国民がたくさんいるのだろうか?
国民がみな個人主義になっており、と決めつけたりしているが、そうだろうか?よくわからないけれど、全体主義というのではないだろうか。個人を消して全体に奉仕する精神みたいな…。「1984」の世界はこっちの方向でしょう。

トランプさんとのゴルフだのとの華やかな話の裏ではそんなことを決めようとしているのだから。
油断ならない政権である。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/15(水) 16:02:08|
  2. 安倍政権
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://norimaki934.blog64.fc2.com/tb.php/362-e736722d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)