荻上チキのセッション22

荻上チキのセッション22」TBS系ラジオを最近よく聴いています。
昼の番組で紹介されていたのを聴いて、知りました。
リアルタイムで聴けなかったら、”radiko”のタイムフリー機能で聴いたりしています。
この”radiko”は本当に便利になって嬉しいです。TBSラジオのクラウドサービスもあって、過去の放送も聞けるので便利。
もしまだ聴いていない人がおられましたら、せひ聴いてみてください。

毎回いろいろな話題を、ゲストを迎えたり、電話でインタビューをしたりしながら、深く掘り下げていく番組。
荻上チキさんは、いつも冷静で、公平にインタビューをし、どれだけ下調べしいるのだろうか、と驚くくらいちゃんと質問をし、毎日の話題をしっかりつかんで、そのうえ、雑談では流行りのゲームや漫画も読んでいると若者らしい話もあって、毎日よく時間があるなあと感心しています。

最近の森友学園土地の購入問題においては、即、森友学園理事長の籠池氏に電話インタビュー、時間もたっぷりとって話が聞けました。今回は最終的には政治家の口利きがあったか、なかったか?が一番のキーとなるのですが、そこまで追求できるかが、ここから始まりますね。調子よくごまかしがうまそうな口調の関西弁のおじさん、と言った感じの人。この理事長という人物、塚本幼稚園の教育方針が戦前の軍国主義を思わせるようなもので、かつてから少し話題になっていました。教育勅語を暗唱させたりするそうで…。日本会議の考え方に賛同している人。
母にこの話をしたら、テレビじゃやってなかった知らなかったと言い、この理事長、若いのにね、安倍さんも若いのにね…というので、ああ、そうだな、と思いました。
80代の母にしたら、安倍総理や籠池理事長も1954年生まれで62歳くらい、戦争もまったく体験していない、生まれたときからまったく戦争の雰囲気も知らないはず。戦前の国民の雰囲気も知らないからこそ、そういう世界を理想とする、美化してしまう、あこがれだけで熱くなっている…戦争を知らない世代の想像力の欠如、あるいは支配層に安穏とできる側からの発想でしょう。

少し前、このラジオで安倍総理の3代について調べており、安倍晋三総理の父の安倍晋太郎さんも自民党の大臣でしたし、その父、祖父の安倍寛さんも政治家で、この方は大変地元で愛されていた国民目線の政治家だったという話を知りました。
私もちょうど安倍寛さんをネットで調べたことがあるのですが、今の総理とはかなり違う感じの戦う政治家という感じでした。
しかし、今の安倍さんはこの祖父の話はせず、母方の岸信介の話をよくするようで、どういう政治家を目指したかがよくわかる話でした。

こんな番組はラジオの夜ならではでしょう。テレビのワイドショーは今最低ですね。NHKのニュースもずっとひどいですが。トップニュースは北朝鮮か、東京の築地移転問題か、アメリカのトランプ政権か、日本の話題となると、殺人事件や事故の話題だけ少しだけで、安倍政権に関することや、原発問題など取り上げないという姿勢です。
でもさすがに、今回の土地購入に関しては、昨日の夜、少しだけ報道していて、一切安倍さんの妻の関係には触れなかったけれども。とはいえ、この問題は、やっと最近になってほかのメディア、テレビ局も取り上げるようにはなりました。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード