また野党をつぶすための小泉さんのたくらみには騙されたくないものだ。

安倍総理が衆議院解散を宣言し、小池百合子都知事が新党を立ち上げた。
解散の理由はいかにもごまかしばかりで、消費税の使い道と北朝鮮の危機とか、まったく的外れなものだった。
本音は違うことはばれている。国会を開きたくないだけなのだ。自分のためだけの解散。

ここで小池新党が出てきたのは、あきらかに選挙で野党共闘をつぶすためだと私は思った。
また小泉がからんでいるのがわかるように、2014年の都知事選で、野党で有力な宇都宮さんと自民の舛添さんとの一騎打ちだったところ、小泉が反原発を唱えた細川さんんを立てて出てきて、反自民票を食ってしまった。(これに私はまただまされた。)
結果、細川さんは負けたが野党候補をつぶすことができた。
もし細川さんが出なかったら、宇都宮さんが都知事になっていただろう。

舛添さんが辞めた後の2016年の都知事選では鳥越さんが野党として出てきて自民の増田さんと一騎打ちだったが、急に小池百合子が出てきて勝ってしまった。訂正小池百合子が急に出てきて内田自民党のドンを倒すとスローガンで出てきたので後から野党の鳥越氏、自民の増田氏を出したが、勢いで小池百合子は勝ってしまった。もし出てこなかったら、鳥越さんが勝っていただろうと思う。
これも小泉と小池の策略で、結局は野党候補をつぶすためだった。

今回も”希望の党”が大勝しなくても、野党共闘した民進と共産などの勢力への票を奪えるのだから、結果、自民党公明党を助けることになるだろう。もし”希望の党”が出なかったら、案外野党が勝って、もしかしたら、政権交代するチャンスもあったと思う。

今の野党の弱さばかりマスコミは言っていて、小池新党の話ばかりにして野党連合を無視している。
しかし、ネット上などでは評判はいいし、安倍自民がもういやだ、と思う人たちは多い。
反自民の気持ちを受け止めるのは野党連合だったのだ。
それを恐れた小泉や小池が、前と同じ手法で行こうぜ、とたくらんだのだろう。
もう何度もだまされたくない!


スポンサーサイト
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク