日本の右傾化を止めたい。

民進党の前原氏が希望の党から全員出馬すると言った時は驚きました。

が、これで、民進党の中のリベラル派と親米保守派とはっきりと別れるわけで、結果としては良かったということかもしれません。

予想した通りになったという感じで、以前から民進党の中には色々な人が混じっているので、選びにくい党だと思っていたので良かったのですが…。

枝野さん出てくれて、本当に良かったのですが、立憲民主党も過半数までには議員数が足りません、70数名でしたか。

共産と社民と無所属の一部を加えて過半数には届くくらいの人を入れてほしかったです、時間がなく間に合わなかったせいか。

小池新党はバレバレの自民党の別動隊だから、安倍自民が議席数を減らしても、必ず補完するはずで、方向性としての右翼化は止まらずの日本なのか、と思うと暗い気持ちです。

とはいえ、いいニュースとして、ネトウヨが作られたねつ造の存在だったということがあきらかになり、大変喜んでいます。

2004年くらいから、ネットで韓国ドラマのことを見ていた時に、妙なコメントをよく目にしました。

韓国を馬鹿にして激しく攻撃して嫌うコメントです。

あの時はただ、中国、韓国のことが大嫌いな人が多いのか、と思っていました。(しつこくて異常でガラも悪かった)

彼らはやっぱりアルバイトで雇われていたんですね。

異様に多かったので、工作員じゃないか?と言われていたのもやっぱり本当でした。

さて、その雇い主は?ネット界での世論づくりを政治的に行った人たち。

マスコミを動かせば簡単に政治が動かせるとたくらむお金のある組織は?

やっぱり自民党の内部(CIAかジャパンハンドラーか)であることは確か。

それらのコメントやブログや本でつられて普通の人がネトウヨになったケースも多々あるでしょう。

本屋に行けば山と積まれた嫌韓、嫌中本があり、これだけやれば増えるはず。

だから、安倍政権が若者に人気があるらしいというのは、このせいかもしれないなとも。

どなたか、書かれていましたが、「新自由主義」と右翼の「愛国」は親和性が高いと。

ちょっと聞くと不思議でした。かたや、合理的進歩的なイメージ、かたや、古臭い観念。

でも結局行きつくところは同じで、

愛国」→国を守ろう→隣国が攻めてくるかも→軍備増強→武器購入→国費増大→福祉、年金費用を削る、税金増加→国民が貧しく弱者が増大

新自由主義」→経済活動を自由にする→規制緩和、セーフティネットをとってしまう→福祉、年金など減、税金を増大→貧富の差、弱者は増大

本来愛国心は上から強制されるものではなくて、自然に湧き上がる感情であって、それを政治的な意味でつかおうとするべきではありません。

それを先の大戦で日本人は学んでいるはずなんだけれど、戦後生まればかりになって、記憶がなくなった世代は同じ事を繰り返そうとしているのでしょうか。

新自由主義者たちは経済を活発にして景気がよくなり、新規参入した企業が成功するということもあり、金持ちも増えるけれど、

格差はできる。しかし、そのうちにその富が下にしたたりおちる”、トリクルダウン”がおこるので、貧しい人にも次第にお金が入ってきて、皆に富がいきわたるのであーると、おっしゃっておりますが、お題目だけで実際は起きませんでしたね。

米国がすでに何年も実験やってますから、今のアメリカみればわかることです。

希望の党の小池百合子さんの言葉を聞いていると、新自由主義で、愛国右翼の人だとわかります。
スポンサーサイト
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク