敵か味方か、国民分断

20~29才層の安倍政権の支持率の高さには驚く。'15年の10月調査で62%もあったという。
他の年齢層においては内閣支持率は4割以下だったのに、異常に高い。

一億総活躍社会構想に対して「期待する」はほかの年齢層は期待しない方が多かったのに対し、この年齢層だけ期待する方が51%、期待しない29%よりも上回っていたそうだ。

2月15日の東京新聞では「敵か味方か 国民分断」~「森友問題で「朝日哀れ、惨め」~「異様な首相発言なぜ批判少ない」の記事がありなるほどの分析だった。

若者にとって働き方改革も改悪だし、将来の年金問題も悪くなっている。税金が上がる割に福祉は削られている。
なぜ若者がこの政権を支持するのか?頭を抱えてわからないと思っていたので、そういうことなのだろうか、とこの分析を読み、少し納得するところもあった。

新聞記事では、安倍総理の発言に対して批判の声が上がってこない理由について。
それは以前の日本は、政府とメディア、政府と国民の間には緊張感のあるタテの関係があった。
しかし、今はタテではなく、安倍総理とそれに同調する人々とそうでない人々がヨコの関係にあり、
この人たちがヨコの関係の人を敵、異物と考えており、共存不可能、妥協すべきでないと思っている。
あたかも内戦のような状態だ。と駒沢大の山崎望教授が分析した。
批判する人々を「敵による攻撃」としかみなさない。(まさに安倍総理の心理)
それは「自分だけは国に見捨てられたくない」という心理が強まっていると見る。
自己責任という価値判断が浸透した結果だという。
SNSで交流できるようになると、統治者目線の被統治者になった。


かみ砕いて言うと、「長いものに巻かれよ」的な気持ちか。
学校のクラスで言うと、仲間外れにされて一人がんばる意欲はない。だから強そうな人に同調する。
その強そうな人は意外とフレンドリーで話しやすい、SNSで話せる、自分と対等な場所にいてくれる感じがする。その人に同調すると、自分も上に居るような気がする。これを批判する奴らは皆自分より下でくだらない奴らだと見下せる。いやいや、学校のたとえは違う、あくまで対等な学生同志…。安倍総理は権力者だから。
 
山崎教授は「自分で自分の首を絞めている人がたくさんいるのに気づいていないのではないか。敵にされるのは次は自分かもしれないのに」と懸念。


籠池さんがまさにそうなのでは?
もともと総理に近づいて、持ち上げて、応援して、特別な配慮をしてもらっている時もあったのに、問題が起きたら急に梯子を外され、今は冷たい拘置所に入れられてしまった。かつての味方が今の敵になった。
この姿を見て、他人ごとではないと安倍支持の若者が思うか、思わないか。
誰かが、肉屋の応援をする豚、と言っていたが、いずれ食い物にされるのに、応援しているのは悲しい事実だ。

逆手にとって、大手マスコミ、テレビの報道番組などで安倍総理の力が弱まった、とか、人気がない、とか、盛んに報道すれば、応援する彼らは急速に離れる可能性もあるけれど…。
スポンサーサイト
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク