FC2ブログ
ニューテンの部屋
政治経済関係の本の内容紹介とその勝手な独り言など書いています。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アメフト事件、森友、加計、防衛相日報、旧日本軍の軍隊
東京新聞、本音のコラム5月23日、斉藤美奈子さんの記事は鋭く簡潔にまとめてあり、全面的に同感で多くの人がそう思ったと思う。

(以下書き出し)


①監督が全体的な方向性を示し、
②コーチが「相手のクオーターバックをつぶせ」などの具体的な指示を出し
③ほかの選択肢がないところまで追い詰められた選手が、悩みながらも「(試合で)使ってください」と申し出る。

 悪質なタックルに及んだ日大アメフット選手の会見は、旧日本軍の上官と兵士の関係を連想させるものだった。いや、日本の歴史にはいまもこのような命令系統、役割分担で動いているところが多々あるのではないか。
財務省での決裁文書の改ざんも、防衛相での日報の隠蔽も、森友問題や加計問題にも同様の三段構えの構造を感じる。

森友学園への国有地売却問題で、文書の改ざんに関与した近畿財務局の職員は、自殺に追い込まれた。彼の立場は③に重なる。しかし、虚偽公文書作成の疑いで刑事告発された、②のコーチに当たる佐川前国税庁長官は不起訴になり、さらに、①の監督に相当する財務大臣や総理大臣は権力の座に座り続ける。
不祥事が発覚したと見るや、責任を現場に押し付け、自分は命令していないと主張する最高責任者。上を慮って、下を守ろうとしない中間管理職。
省庁も大学も同じなのだろうか。日大選手の会見は、追い詰められた兵士の心情と立場を図らずもあぶり出した。真実を語った彼の勇気を見習いたい。


=========================================

権力の座についた人間の質が低いと、こういう醜い構造を生み出す。
権力の座についた人間は、常に己を正し、甘えず、崇高な志を持つ続け、孤独に耐えなければならないのだが、まったく違った。
嘘を公然とつき続け、責任は部下に押し付けて罪悪感を全く持たず、己はぬくぬくとその場を離れず、仲間内に甘え、甘やかされている。これをずっと許しづつけている国民の責任はある。

今ハンナ・アーレントの書物が売れているとの記事があった。「全体主義の起源」である。
この本を読破するにはかなりの努力が必要そうだが、テレビ朝日の玉川さんが言っていた発言で、今回のアメフトの問題は全体主義への回帰であるとのことで、本当にそうだなと感じた。こういう体育会系の運動部の監督と選手の関係は個人の自由は認めず、個人は全体のために動くべきだという思想がはびこってしまっている。
大学の運動部、本来スポーツを楽しもうとするべきもの、大学同志のの闘いや大会での地位、名声を得るためにしごかれる部員たち、法を犯すような暴力を正当化、目的をはき違えたままつっぱしってしまうこわさ。戦争の時と同じ意識、全体主義の傾向が復活しつつある日本、過去の反省ないままに繰り返そうとする愚かな日本なのか。
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://norimaki934.blog64.fc2.com/tb.php/409-6f877d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する