ニッポンの作り方

竹中平蔵、上田晋也のニッポンの作り方
というBS放送の番組がありますが、(一度だけちらっと観たことがあり。)
12月で最終回だったらしいのですが、ここで内容を読むことができます。
竹中氏が一体何を今考えているか、興味があったから読んでみたりしていたのですが、
最終回の言葉は唖然とすることばかりでした。

「民営化した郵政はアメリカに出資せよ。」
「構造改革をすすめよ。」
あいかわらずです。
そして最後には
「古いしがらみは捨てよ。」
「中国のことわざに”よい果物を作ろうと思ったら、できるだけ削れ”という言葉があり、栄養をそこに集めるということで、「選択と集中」に通じる理にかなった考え方です。捨てる覚悟を持ってください。」

ここには彼の冷酷さが現れていて、怖い!
人間社会を植物の手入れの話ですりかえるとは。
よく働く能力ある人には金や権力を集め、働かない無能の人には死んでもらうみたいな??

私は以前種から植物を育てたことがあるけれど、弱々しい芽は摘んで、強そうな芽を残せ、と植物の本には書いてあったのですが、せっかく芽が出たからかわいそうだなと思って、やたらに鉢を増やしてしまいました。まあ、それはやりすぎで極端でしたが、植物だからいいのですが、一体何を捨てろとおっしゃっているのでしょうか?

「今までの既得権益や古い利害を捨てる覚悟」に他なりません。
もしかしたら、自民党も民主党も、これまでの支持団体を捨てて、新たな政党へ生まれ変わる覚悟が必要かもしれません。ともすれば、政治家は党を捨てる覚悟も必要でしょう。自分が生まれ変わるためには、何かを捨てて対応していかなくてはならないんです。


では一般の国民にとっての古いしがらみとは?セーフティネット?
国民の保障制度全般のこと?
竹中さんや小泉さんを大好きな人もまだ居るみたいで、こんなこと書くと色々と反論もあるのでしょうかね…。会社員なら年功序列制度、高額の給料をもらっているあまり働いていない人とか、農業、漁業などの業種にある各種団体などのことを指してるのでしょうか?
もうすでに充分に壊してるような気がするんですが…。
彼の言うことを聞いていたら、どんな国になるのか、予想がつきませんね。

古い民家をすべて壊してリフォームすると決めたのはいいのですが、どんな形になるのか、デザインにするのか、わかりません。すべて新しくリフォームすればさぞかしすっきりと新しくていいだろうなあ、と夢見てる段階の話だけのようです。もしもアメリカのような社会が理想なのだったら、今のアメリカに何も憧れる部分はありませんけど、竹中さんはまだ憧れているんでしょうか?




スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード