「目覚める日本」を読んで

目覚める日本 (Voice select)目覚める日本 (Voice select)
(2009/01/27)
関岡 英之

商品詳細を見る

以前「拒否できない日本」を書かれた著者はこんどは今現在の危険性を説いている。
オバマ政権はクリントン政権と同じである。クリントン一派に乗っ取られたという。

日本は今、平成6年からの村山政権が始まったころに似ているという。
それが嫌な感じだという。
年次改革要望書がはじまった時なのである。つまり、このころ、「米国主導の日本改造計画」が始動したのである。
その準備作業を進められたのが、自民党が下野していた混乱期に乗じて作られたといえる。自民党の議員達が知らなかったのも当然であるという。
そして、その権力の中枢にいたのは小沢一郎だという。
関岡氏は「前から不思議でならなかった。私が提起した問題を、真剣に受け止め、真摯に対応してくれたのが、何故民主党でなく自民党だったのか、(中略)それは単なる偶然ではなかった。」

このまま自民党から民主党(小沢一郎)政権に移り、自民党が下野するとすると平成6年の当時とそっくりの状態になると、またアメリカの都合の良いようにされるのではないかと心配である。
ちょうど麻生総理はアメリカに行ったが、援助させられる、たくさんのお金を要求されるのではないか。

しかし、自民党がその後政権をとっていたのだから、年次改革要望書のような、米国主導の日本改造計画をストップせることができなかった、そのまま継続したわけだから、そのまま責任を押し付けるわけには行かない気もするが…。ただ気がつかないうちにお膳立てされていた、ということなのかもしれない。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード