地デジ

地デジにしたいなんて誰が言った!? (晋遊舎ブラック新書 10)地デジにしたいなんて誰が言った!? (晋遊舎ブラック新書 10)
(2008/07/28)
荒川 顕一

商品詳細を見る



○まず大量に出るゴミの問題。
○恩恵を受けるのはだれ?
○地デジでテレビライフを不便にする。

地デジ化でアナログをやめると勝手に決められて、いままで観ていたテレビが映らなくなるというのはかなりショックではないか?と思う。
昔、白黒からカラーに変わったときは、ただそのままでも、ずっと白黒テレビでも見ていられたはずだ。だからあの時とは全く違う。

きれいな画像なんていらないから、ニュース聞いて、音が聴ければいいという人だって、お年寄りなどたくさんいるはずだ。いやいや、一万円程度の地デジチューナーを取り付ければよいと言っていたが、結局、アンテナ取り付けも必要で4,5万の出費になるという。
それに一家に何台もある場合はもっとかかり、さらに困るのは、チューナーからチャンネル切り替えをしなくてはならないので、お年寄りなど操作がわかりにくくなってしまうのではないかという。

B-CASカードの利権やDpaによるエンスロ利権…わけのわからないものが裏で蠢いてるようだし。

コピー制限も日本ならではで、とっても不満である。
私はけっこう前に薄型テレビが欲しくて、小さい型だったけれど、買い、地デジも観られたが、さらに縦横比の違いで画面が小さくなり、録画の時のコピー制限に苦労させられるので、結局アナログばかりみていた。コピーワンスだったから、ビデオテープに入れたものをDVDーRに移すこともできず、こまっていた。DVD-RWやRAMなら入るが、その再生に制限があるなど色々めんどうで。

やがて、ダビング10対応録画機も出てきて、最近買った。デジタル放送はCPRM対応DVDーRも出てきて、保存できるようになったが、その再生は他のDVD機器やパソコンではできなかったりで、なんとも不便な状態は変わらない。他の機器で再生できないなら保存しても無駄になるような気がする。

あー、だったら、アナログのほうがずっと良かった~。コピー制限なんてないからコピーのコピーしすぎて画質が劣化しても、扱いやすかった。ビデオ機器ならどのメーカーでも再生できたし。

著作権を守るために、コピーしたDVDを販売してお金儲けされないように、と必死なのはよくわかる。
でもコマーシャルばかりでカットだらけの映画やドラマなんて売り物にはならない。友人同士であげたり貸したりするくらいだろう。CMなしノーカットの有料放送だけはコピー制限があっても仕方ないかもしれないけれど。本当に欲しかったらDVDなり買いますよ。


著者はこう書いている。
視聴率を稼げる番組は有料のCS放送に移行し、せっかくデジタル化した地上波では、CMだらけで制作費も激安の番組が垂れ流される。あるいは現在でも民放局の深夜はその傾向があるように、放送のすべてが通販番組だらけになるかもしれない。”
貧乏人は通販番組しか見られなくなる、視聴者層の二極化が起こる。すでにアメリカでは現実のものとなっているそうだ。

テレビ番組自体、局も経済的に苦しいせいか、バラエティなどその質も低下しているので、全く観る気にならず、私は今はもっぱら好きなアジアドラマだけは観ているが、それもCMやカットが多すぎて、結局はパソコンの動画配信、DVDレンタルなどで見たほうが良くなっている。私にとってのテレビは今後ただの再生機になるでしょう。
ニュースなど速報を伝えるものとしてあってもいいが…。それなら画質が良くなくてもかまわないし。
だったら、地デジ化、やめたらどうですかと思う。

そもそも、テレビというものが衰退していく運命なんでしょう。
現実にもうすでに若者は携帯やパソコンに移行しているし、ニュースもパソコンでもわかるし。
一番安上がりに済ますなら、ラジオに戻るとか!?

それは短いものでしたね。テレビというものがこの世に生まれてまだ60年もたってないけど、日本では1958年ごろにやっと一般に普及したというので、まだ50年ちょっとなんですね。100年ももたずになくなっていくのかな、と思うと…。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード