竹中平蔵VS加藤紘一

劇場政治の誤算 (角川oneテーマ21)劇場政治の誤算 (角川oneテーマ21)
(2009/04/10)
加藤 紘一

商品詳細を見る


この本、まだ読んでいませんが、先日のサンデープロジェクトで、
竹中平蔵VS加藤紘一で討論をして、
そこでこの本を紹介していた。

「最近は竹中・小泉政治が評判が悪いですね」と田原氏はふって、竹中氏に弁明の機会を与えているための番組なのかもしれませんんが。

番組で、確か、加藤さんが竹中さんに『あなたは経済からでしか社会を見ていない』と言うようなことを言ったのが、印象に残った。
経済の目からしか社会、人間を見ない人には政治家はできないのは?と私もつくづく思う。
竹中氏が皮肉たっぷりに加藤氏に「文明評論家(だったか、文化だったか)のようなことを言われるとは知りませんでしたよ」なんて言葉を言ったが、それを得意になって言う神経こそ驚きだ。

政治家は壮大な夢やビジョンをもって、人間を見つめられる血の通った人間であるべきだと思う。
彼のような人にとっては、人間はただの経済活動のコマのひとつにすぎない。ただの数字のひとつになってしまう。あんな人に政治家になってもらったことは大きな間違いだった。
いつも、新自由主義なんかじゃないですよ、情緒的なことを言ってる場合ではないといい、改革が足りない、もっと必要なんですといい、飽き飽きするほど、あいかわらずだった。もうこれ以上、彼に話を聞くことはないのでは??彼は表舞台から消えて欲しいのに、ずっと出てきている。今はとにかく過去の反省の時なのだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード