安倍独裁体制の結果

安倍応援の新聞、読売も産経もNHKまでもが論調を少し変えてきたそうだ。
民法テレビのニュースショーのコメンテーターのよいしょ組も四苦八苦している。
急にどうしたのだろうか?
アメリカCIAなどの司令塔が変化したとか?うわさも。


リテラ記事より転記

連日報じられている財務省による公文書改ざん問題。ご存知の通り、改ざん前の文書には、安倍昭恵夫人と安倍首相の名があったことも明らかになり、いよいよ、安倍官邸の改ざん関与はほぼ確実になった。

 ところが、麻生太郎財務相は「問題の最高責任者は理財局長の佐川」と言って罪を被せ、安倍首相にいたっては、まるで他人事のようにこう言い放った。

「なぜこんなことが起きたのか、全容を解明するため、調査を進めていく」

 こんな言い逃れで誰が納得するのかといった状況だが、そんななか、昨日12日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)でマツコ・デラックスが、この問題について発言をした。

「財務省に入られてる方なんて、国家(公務員)一種を通ったなかでも、相当なエリートの人たちが行く省庁なわけだから、書き換える、書き換えないっていう話なんておそらく、よっぽどのことがなければ、こんなアホなことはしない人たちだと信じたいわけですよ」

 マツコはまず、こうした分析を口にした後、以下のように続けた。

「これが本当なんだとするならば、それにいたるまでの間に、彼らのプライドだったり、ポリシーだったりっていうものも、もはや骨抜きになってしまっているぐらい、霞が関に対して、政権というか、安倍さんが、ものすごい力をいまもっているっていうことの象徴的な出来事だと思うのね」
「思うのは、権力っていうものを、やっぱり一人の人に圧倒的にもたせてはいけないっていう」

 ようするに、この改ざんが安倍独裁体制の結果だと指摘し、安倍首相への権力集中に警鐘を鳴らしたのだ。

 もちろん、マツコのコメントは、いま現在、まともな感覚の人全員が思っていることで、別に過激なことを述べたわけでもなんでもない。

 しかし、現在のテレビでは非常に貴重なものだ。決裁後の公文書を書き換えさせるという前代未聞のスキャンダルで、これまで安倍政権に萎縮していたワイドショーもさすがに政権を批判的に扱わざるを得なくなっているが、それでも、芸能人コメンテーターから安倍首相に対し、直接、責任を問うようなコメントが出されることはない。せいぜい「もっと上からの指示があったんじゃないか」と口にするのがやっとだ。

 そんななか、『5時に夢中!』とはいえ、安倍首相の独裁体制に最大の原因があることを指摘したマツコはさすが、というべきだろう。
(ここまで)

もはや安倍総理が関係していないとか、勝手にやったとかはありえませんね。

しかし、相変わらず鈍感な態度をつらぬいています。

こうなると、日本はもう先進国ではないですね。
お隣の韓国がとても立派に見えます。

官僚は頭がいい人多いけど、頭がいいからって、みな正義感が強いわけではないんですね。
国の為にやる気持ちよりも自己保身が強いんでしょう。
そこをうまくついてくるのが悪い政治家たち。

正義感もなにもない人に権力持たせたから、こんな国になっているんで。

安倍にしろ、麻生にしろ、別にお金に困ってないから、賄賂とか汚職事件はなかった。
ただ、籠池氏みたいなネトウヨがうようよ集まってきておだてて、おべっかをつかって近づいた。
彼らはみっともなくおこぼれを頂戴したくて集まってくるだけだった。
そして、この事件を起こした。
まあ、起こしてくれて良かったんだと思う。
早く退陣してください。

安倍政権(権力側)のメディア介入

Electronic Journal様のブログで今とても詳しくメディアに安倍政権がどう対してきたかが検証され解説されております。
詳しくはそちらを読んでいただくとたいへん恐ろしい実態がわかります。

そういえば最近はテレビ番組で見たいものがどんどんなくなっています。
政治関係の番組がどんどんなくなる一方、芸人の出るバラエティばかりですが、どれも似たようなものばかりで工夫がありません。
テレビ東京系だけは新しいアイデアがあり、低コストで番組つくりをしているなあ、と思うときもありましたが。
日本のドラマはもともとあまり見ていなかったほうですが、今は全然見てません。
韓国ドラマのブームの時ははまって見ていました。丁寧な作り方で、一作品に対して25話以上あってじっくり見られるのが良かったです。アメリカのドラマも長編で人気ですよね。(昔の日本のドラマもかつては25話くらいあって、「白い巨塔」とか名作が数々ありましたけどね。)今はドラマ作りも低コストなんでしょうね。最近の日本のドラマはかなりチープに見えます。

最近では、NHKでは好きだった「あさイチ」の司会の2人が辞めてしまうとのこと、それから、音楽バラエティの「バナナゼロミュージック」も終わるそうで、がっかりしています。有働さんもイノッチも変に忖度せずにまっとうな意見を言っていたんですが。
そういえばNHKの先日の「赤報隊事件」は良かったようですから、NHK内部でもやりたいと思う人たちがいるということなんでしょう。

最近はほとんどの日中のワイドショーなど、オリンピック開催中はその話題だけに逃げていました。
以前は政治の話題もかなり取り上げていたワイドショーでしたが、今はスポーツか天気予報に大方の時間を使っています。
つまり、それは政府からクレームが来ない話題だからなのですね。(天気予報ばかりやるのは日本だけのようです。)
どうりで、スポーツ関係の話題や番組が増えたと思いました。
たとえ政治の話題になっても解説するキャスターは安倍政権お気に入りの人だけになりました。批判はしない、擁護する役目です。これでは視聴者も離れます。

高市総務相の発言から、電波停止のおどしがかけられてふるえあがっているそうです。
再免許制なので一度停止させられると一から申請書をつくらなければならないのだそうで、米国は更新だけで済む制度なのに、日本は特別。本来は放送免許というのは設備、ハードの面での免許だそうで、その内容が良くないという理由で停止できないはずだったのですが、郵政省の幹部の椿発言で、できるとしてしまったのです。

日本は、だんだん、権力側のメディア、北朝鮮と同じようになってきたということです。戦後、民主主義が浸透してきてやっと普通の国になってきたのに、またまた戦前の軍国主義へ向かって走り出しているってことなんですか。

テレビがだめなら、ラジオはまだ大丈夫かと思っていたら、今年の正月1日のニッポン放送、たまたま聞いたら、驚きました。
櫻井よしこと産経新聞の女性記者と安倍総理が話していたんです。北朝鮮の脅威と、安倍総理へのよいしょで、気持ち悪くなりました。ニッポン放送もすっかり安倍さまのラジオになってしまったようです。(産経新聞記者は「沖縄のゆがんだ言論空間」と発言していましたよ!)

オリンピックの陰で、ひどい法案を通そうとしています。

今国会では裁量労働制の問題が持ち上がっている。
データをねつ造してまでも法案を通そうとしていた。
裁量労働制はすでに特殊な職業では行われていた。
好きな時間だけ働いて一定の仕事をこなせば、会社の決めた労働時間にあわせなくても、一定の給料が支払われるというもの。
ところが、今回、国は、一般の仕事についても裁量労働制を適用させようとしてるから大問題なのである。
仕事の内容、これを与えるのが会社側で、その納期は会社側が決めているし、その一定の報酬も会社側が決めている。
労働者が持っている権利はないのだ。
会社側から見ると、残業代払わなくていいし、その人が残業を100時間やっていても体を壊してもかまわない。
体を壊さないように、会社に健康診断を義務付けます、と言っていたが、そんな簡単なことで解決できない。
もしその人が体を壊したら会社は結局解雇するだろうし、権力がある側が勝手に決めていいわけがない。
過労死が増えていくのは間違いない。

なぜ安倍政権は無理矢理この法案を通そうと躍起になっているのか?
この裁量労働法制を断念したくない理由は、日刊ゲンダイの記事によると、3つあるという。
1、アベノミクスの成長戦略だから、やめられない。(老若男女をモーレツに働かせるための法案だから)
2、財界、連合とのバーター。(財界は残業代を減らせる。人件費抑制ができるから。連合は長時間労働是正とセットの法案で何も言えなくなっている。)
3、安倍のメンツ。
結果、3が一番だろうという。くだらない。

 自民党の法案はほとんどくだらないし、最低である。

水道事業の民営化はフランスでは一時民営化して失敗し、今は公営化にもどすところだという。
アメリカのいくつかの州でも民営化に失敗し、再び公営化しているそうである。
したがって、失敗した例を見ていながらもやろうとするバカである。
民間にするとフランス、アメリカでは水が飲めないほど濁ったり、部品に高い物を使って値段が上がったり問題がたくさん出たのだそうだ。(”荻上チキ、セッション22”のラジオより)
種子法改正もモンサントの種を買って儲けさせ、健康をそこなう国民の安全を後回しにしている。
原発再稼働も同じだ。
そう、つまり、国民の安全をすべて後回しにして、儲けを最優先するのが現政権なのだ。


新自由主義とは、自由に儲けたい、やりたい人が参入できる、そういう機会を与えてくれる社会なのかもしれないが、
それはすべての人が相当に成熟した人間たちで、皆、賢く、非道なことはしない優しさや助け合いの精神をもっているという前提であって、極悪非道、自分勝手な、儲けさえすればいいんだという人間たちがたくさんいる中ではやはりやってはいけない主義である。ひとりひとりの人間の中には2面も3面もある、悲しいかな、まだまだ未熟な獣の部分があるのだから。

昔の日本は、鉄道(国鉄)、道路(道路公団)、住宅(住宅公団)、塩、タバコ、米も専売公社だった。
郵便(郵政)も水道も電信電話(電電公社)もそうだった。
社会主義国みたいだが、国民の最低限の生きていく部分は守らないといけないという精神のもと、、ここだけは儲けを度外視にしないと命にかかわるから公営化でつくられたのではないか。
(今はたばこや電信は公営でなくてもいいが)
そこをすっかり忘れて調子に乗って政治をすすめた結果が今だ。

安倍はもりかけスパリニア、山口レイプ事件、お友達優遇ばかり。
これだけでも辞めるべきなのだが。
政権はもう追い詰められているし、本来ならばもう解散、総辞職ものなのだ。
国会で、内心はうろたえている官僚や安倍総理や大臣の姿を、直視してほしい。

敵か味方か、国民分断

20~29才層の安倍政権の支持率の高さには驚く。'15年の10月調査で62%もあったという。
他の年齢層においては内閣支持率は4割以下だったのに、異常に高い。

一億総活躍社会構想に対して「期待する」はほかの年齢層は期待しない方が多かったのに対し、この年齢層だけ期待する方が51%、期待しない29%よりも上回っていたそうだ。

2月15日の東京新聞では「敵か味方か 国民分断」~「森友問題で「朝日哀れ、惨め」~「異様な首相発言なぜ批判少ない」の記事がありなるほどの分析だった。

若者にとって働き方改革も改悪だし、将来の年金問題も悪くなっている。税金が上がる割に福祉は削られている。
なぜ若者がこの政権を支持するのか?頭を抱えてわからないと思っていたので、そういうことなのだろうか、とこの分析を読み、少し納得するところもあった。

新聞記事では、安倍総理の発言に対して批判の声が上がってこない理由について。
それは以前の日本は、政府とメディア、政府と国民の間には緊張感のあるタテの関係があった。
しかし、今はタテではなく、安倍総理とそれに同調する人々とそうでない人々がヨコの関係にあり、
この人たちがヨコの関係の人を敵、異物と考えており、共存不可能、妥協すべきでないと思っている。
あたかも内戦のような状態だ。と駒沢大の山崎望教授が分析した。
批判する人々を「敵による攻撃」としかみなさない。(まさに安倍総理の心理)
それは「自分だけは国に見捨てられたくない」という心理が強まっていると見る。
自己責任という価値判断が浸透した結果だという。
SNSで交流できるようになると、統治者目線の被統治者になった。


かみ砕いて言うと、「長いものに巻かれよ」的な気持ちか。
学校のクラスで言うと、仲間外れにされて一人がんばる意欲はない。だから強そうな人に同調する。
その強そうな人は意外とフレンドリーで話しやすい、SNSで話せる、自分と対等な場所にいてくれる感じがする。その人に同調すると、自分も上に居るような気がする。これを批判する奴らは皆自分より下でくだらない奴らだと見下せる。いやいや、学校のたとえは違う、あくまで対等な学生同志…。安倍総理は権力者だから。
 
山崎教授は「自分で自分の首を絞めている人がたくさんいるのに気づいていないのではないか。敵にされるのは次は自分かもしれないのに」と懸念。


籠池さんがまさにそうなのでは?
もともと総理に近づいて、持ち上げて、応援して、特別な配慮をしてもらっている時もあったのに、問題が起きたら急に梯子を外され、今は冷たい拘置所に入れられてしまった。かつての味方が今の敵になった。
この姿を見て、他人ごとではないと安倍支持の若者が思うか、思わないか。
誰かが、肉屋の応援をする豚、と言っていたが、いずれ食い物にされるのに、応援しているのは悲しい事実だ。

逆手にとって、大手マスコミ、テレビの報道番組などで安倍総理の力が弱まった、とか、人気がない、とか、盛んに報道すれば、応援する彼らは急速に離れる可能性もあるけれど…。

国会、原口一博議員の発言!

2018年2月7日国会の原口一博議員の話
大変思い切った素晴らしい話だったと思いました。ここで書き起こしてみたいと思います。
こうして表舞台で発言したこともそうですし、内容にとても説得力もありました。

トランプ大統領ができて約一年、トランプさんのツイッターなどフォローしてますとね、今までは、国と国とかが戦うのかな、と私は今まで思ってました、しかし、彼は「ワシントンから権力を取り戻す」と(言った)。
ディープステート、インナーステート、つまり、ステートの中にある戦争屋。
この間も、ケネディ大統領の暗殺ファイルについて公開しました。また、別の公開では、なんと、その政府が未確認飛行物体についても…、なんと実際に研究をしていたっていう、そういう情報も公開されました。
彼にタブーはないですね。その中で出てきているものを見ると…日本では、トランプ大統領って言うと、本当に変わった人、ちょっと理解しがたい人っていう報道があるけれど、彼のやっている情報公開は、実はとても重要で、クリントン、オバマ政権のあのメールの問題にしろ、その中身を見てみると…国と国とが争っている、あるいは、テロリストが私たちを攻撃しているように見えるんだけれども、ディープステート、つまり戦争屋がそこに…自作自演の偽旗作戦をしているのではないかというのを、暴露しているように見えるんです。
今まで、米国が関わった戦争だけを見ますと、アメリカの建国の歴史、240、何年ですか、そのうち、140年が戦争です。近年の戦争を見ると、朝鮮戦争…1964年のベトナム戦争のトンキン湾事件、これ自作自演だったということがわかっている。で、1991年の湾岸戦争、クウェートの少女の証言は嘘だった、ということが分かっています。
それから、2001年からのいわゆるアフガン戦争、これも2001年9.11の実態がわかって、サウジを訴追する法律が通っていますね。で、そのあとのイラク戦争についても大量破壊兵器などなかった。
で、何を申し上げたいか、と言うと、私は国と国の脅威に備えるよりも、むしろ、自作自演の戦争の実態についてもしっかりと見といたほうが、いいんじゃないかと問題提起しておきます。
で、オスプレイだなんだっていう、そういうものを入れるのも…それは脅威の相手によっては必要かもわからないけど、実際には国は戦争によってつぶれていない…むしろ、ソ連のように軍備の大きさによってつぶれている。
で、この間、松前小島に北朝鮮の、まあ工作船ですか?よくわかりませんけど、約10日間いたんでしょ。だからそういうものを防げずして新型の軍備に走るっていうのは少し再考が必要じゃないかと私は思っています。

で、ペンスさんは私たちと同年ですが、たいへんな親日家ですね。彼が州知事の時、一番最初に来たのが日本だったと記憶しています。自動車会社が米で窮地に陥った時、中西部の知事が日本の味方をしてくれたんですね。で、そういう人たちですから…知ってほしいですけれども、…(略)

なんでトランプ政権できたかっていう私の認識ですけれども、それまではアメリカの政治は東か西の海岸で決まると言われていました。大金持ちのグローバリストだけど、その間(に居る)の人たちはオーバーフライト、頭の上を飛行機が飛ぶっていう、人たち、自分の街から出たことがない、徴兵されれば国の為に力を尽くす、そういう人たち、そういう人たちが気づいたんだと思います。「本当に国の為なのか?」と。
アメリカの中南部にいくと、戦争で亡くなった人の家族を悼む黒い印が乗っていますね…。
私はそういうものに乗せられてですね、戦争をやるんでなくて、むしろ、核軍縮をやり、私たちの本当の敵を見極めることが大事だということを、申し上げて、…今回のどうぞ、ペンスさんのほうへ行ってください。私は財務副大臣が…副総理がペンスさんと…、向こうが副総理だから…行ってくださいと、申し上げました。

以下(略)

ちょっとわかりにくいところもありますが、先走り過ぎて、言いたいことがたくさんあるんでしょう。
でもおっしゃりたいことはだいたいわかると思います。
プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード