それぞれの歴史観

安倍総理の年頭の記者会見で、明治維新150年、明治維新を礼賛したそうだ。
東京新聞の”こちら特報部”が記事になっていたので、興味深く読んだ。
歴史観が薩長史観、官軍史観そのままである。

本当は歴史観というものは絶対に正しいものはない。解釈は色々ある。
どっちが正しいんだ、と争う気はないけれど、時の政権与党の総理大臣が一方的な考えをはっきり言うとは大胆だなと思う。
政治家は司馬遼太郎が好きな人が多いから、絶対的な正義だと思い込んでいる節がある。
私たちの受けてきた教育が江戸幕府を否定し、明治政府が正しい、とした歴史教育だったので、仕方ないが、
最近は明治維新を疑問視する本もたくさん出されて、去年私も何冊も読んだので、すっかり、明治維新は単なるテロだった、決して良い方向ではなかったと思い込んでいる。

ただ、明治からの150年間どういう経緯をたどってきたか、を考えると決して素晴らしいだけではない事実、結果がある。
江戸時代までのオリジナリティーに富んだ日本の生活様式や伝統文化が破壊されてしまったのも事実だし、廃仏毀釈で破壊活動が行われ、天皇が神とされてしまった。
明治の戦争はロシアの脅威への防衛ということで日清戦争、日露戦争をして、勝ったので一時、列強の仲間入りしたが、さらに過剰な防衛意識で大陸にまで兵を進めた先が第2次大戦の敗戦につながったとも言える。国の主権さえ失った第2次大戦の敗戦。良かったのか、悪かったのか。

別の見方もあろうし、反論もあるだろうけど、一方的な礼賛はやめたほうがいい、簡単に良い悪いの決めつけが危険だということだ。各々が頭を使って、考える時なのだと思う。



2017年末、安倍政権を改めて批判

ウーマンラッシュアワーの漫才で、「一番問題なのは、”国民の意識の低さと国民の無関心”」と言って締めくくった。
最初は吉本の芸人のこと、自分のことを自戒を込めて皮肉った。だから、彼は潔い。
私たちだけを責めるわけではない、自分たちも含めて反省しようと言っていたのだ。
これらをただ批判し反省する言葉を言って訴えるだけでなく、漫才としてなりたたせるまで昇華させたのはさすがプロだ。
日本の問題をもっと皆が直視するべきだと言っていたのだ。

(以下はまだすべて疑惑、決定的な結論は出ていないが、断定的に言ってしまうので悪しからず)

モリ、カケとリニアとスパコンがみな安倍総理とつながっていることがわかった。

{リニアの鉄道計画は安倍政権が支援すると言って、法改正までして融資を可能にして進めた。184億円が免除になったという。リニア建設は金利と税制と異例づくめで、財政投融資まで入って3兆円を0.6~1.0%の低金利で貸し付けと、もはや国家事業となっているそうだ。}
安倍政権はJR東海の葛西氏とは仲がいい。葛西氏はバリバリの親米保守である。
スパコンの斉藤社長も仲良くしていた。安倍さんの仲良しは優遇されるというパターン。
安倍よいしょの本を書いた山口氏の伊藤しおりさんレイプ犯罪も逮捕を差し止めて、彼を特別に見逃した。
これは彼のためでなく、自分の身を守るためだろうけれど。


小さな詐欺や泥棒はすぐに捕まるし、罰せられるのに、あまりにも大きい権力者だから、捕まえられないのだろうか。
疑惑というレベルでなく、ほとんどバレているのに、これから国会で追及して、裁判沙汰になってもそれでも粘って否定して、自分の身を守るのだろうか。

テレビはもはや政治批判をやめたらしく、ほとんど見るべきものではなくなってしまった。
政府を批判するものは、書籍、新聞のほか一部ラジオや一部ネットのみになった。

テレビ局は昔より弱まっていて、お金がない、企画力もない、安上がりになった。
だから面白くないのが多いのだが、政府を批判できない、安倍の大企業スポンサーにも忖度し、思い切ったことができないのだろう。
でもNHKだけはスポンサーに関係なく、本来はお金を取っているからつぶれないはず、政府批判をしてもいいはずだが、(一部反骨精神のある部分もあるけれど)上層部に安倍政権よりの人事をしているため、政府広報となった。

官僚も彼らの意のままになったのは内閣人事局を作ったせいだと言われている。
官僚人事が政府によって決められるのだから、官僚も言うことを聞くしかなくなった。
さらに重ねて、ネット世論もお金で雇ってネトウヨに書かせて操作しており、過激な批判をするブログなど取り締まっている。

こうして、安保法制、共謀罪、防衛費増大、生活保護費を引き下げる、原発再稼働、沖縄の負担、被災地などの問題を小さくさせていた。

ウーマンラッシュアワー、よくやってくれました!

12月17日夜、フジテレビにて放映された漫才、実力派がそろっていたので、久々に見てみようと録画しました。
ウーマンラッシュアワーの漫才には驚きました。
観てよかった。

原発だらけの福井県、オリンピック建設より仮設住宅をしっかり作れ、沖縄の負担をもっと気付けと訴えてくれています。
テンポもよく、政治の今の現状、ズバッと言ってくれてそれを笑いに変えて、訴えてくれてます。
村本さん、中川さん、ありがとう!
バッシングや圧力をも恐れずやっている姿は本当にカッコいい!
惚れますね~。
これからもがんばって欲しいです。

リテラ記事

今年良かったこと。

10月の選挙結果でがっかりしたまま、時が過ぎ、むなしい気持ちだったが、
今年良かった点を考えてみた。

〇森友学園問題が明るみに出て、不当な国との取引がおこなわれたことで、建設がストップされ、安倍総理と夫人の関与がはっきりした。

〇加計学園問題も明るみに出て、友人関係の安倍総理の関与が強く疑われている。

〇小池百合子の希望の党の化けの皮がすぐにはがれて、人気は一気に失速した。

〇前原が民進党を壊して、あらたに立憲民主党が生まれた。

〇隠れていた日本会議、神社本庁、神道政治連盟などの改憲、歴史修正主義らの活動が広く知られるようになった。

〇今の選挙制度がなんだかおかしい、と感じる人が増えた。

〇安倍政治が5年過ぎても一般の庶民に景気回復の実感がまるでない事実。

まだまだ、解決していないことだらけであっても、今まで隠れていた悪事が表に出てきたことだけは良かったのだと思う。

時間がかかるかもしれないが、このことはそうそう消せない事実なのだから、来年は実を結ぶことを信じたい。


国民に主権があるってこと、日本人はなるべく気が付かないように教育されてきたのかも。

先日の「久米宏ラジオなんですけど
の今週のスポットライトで、政治社会学者の鈴木賢志さんがゲスト。






(ラジオでの話は、しばらくはここで読めます。)

日本の若者の投票率が低いのはなぜかの話だった。
スウェーデンに長く暮らしていたそうで、スウェーデンの投票率は80%を超え、85%もあったりするそうだ。
日本では信じられない数字で、特に若者が日本は少ない。

日本では学校に校則があって、それを有無を言わせずに守らせられる。もし疑問をもって反抗したら、先生には怒られるし成績にも響く、というので、黙って従う人が多い。先生たちもそう教育されてきたので、校則は守るもの、当たり前だと思っている。

ところが、スウェーデンの教科書には校則が正しくないと思ったら、一人で金髪にして派手な服装で学校に行きなさいと書いてあるんだそう。初めは一人かもしれないが、やりつづければ、それが普通のことになり、全員が金髪で派手な服で登校するようになるかもしれないというのである。
実に面白い話でびっくり目からうろこですね。

ちょっと思い出したのが、70年代の高校生だった私はあのころ学生運動のなごりで、都立高校の制服の制度に疑問を持った学生が自由服を主張して、制服はなかった。とはいえ、私らの頃から、そんな反抗心が消えていて、標準服という名の制服を着ている人ばかりだったが、あのころのそういう若者の機運、今はなくなっているようで…。

スウェーデンの若者は小さいころから自分たちが主権者であるという意識を教育されている。国民が主権を持っているので、国のルールは自分たちが作り上げるもの、悪ければ変えるものだと当然思っているので、投票するのは当たり前なのだ。

対して今の日本の若者は学生時代は子供扱いされており、社会のことは意見を言うな、社会人になってからでいい、という感覚で、国のルールを自分たちで考えるなんてことはまったく思わせないようになっている。
大人も子供もみなそう教育されてきたのでおかしいとは思っていないのが、日本の大問題なのだ。

本当は日本の若者は特に政治に興味をもっていないわけではないのだが、意見を言ってもその影響力が及ばない感じがして黙ってしまう感じなのではないだろうか。もったいない。
それに、今の日本人はお上の決めたことに逆らわずにいたほうが楽、という意識があるような気がする。専門の頭のいい人達が考えているのだから、専門外の我々が口を出すのはいかがなものか、なんて。

教育から国民主権、基本的人権の意識をもっと教えてくれて、国の今の失業者が何人、貧困の人が何人、と日本の問題点をもっと教えればものすごい数の若者が投票するようになるはずだし、さらにラジオ内でも被選挙権を18歳以上にすると、学生が議員になったりすればさらに若者が政治参加するだろうと。
スウェーデンでは被選挙権が18歳以上なので、12歳くらいから政党の青年部に所属したりするのがあたりまえだそうだ。

さらに供託金が日本は高すぎる。300万円というのは世界的に見ても異常に高い。若者が立候補できるように安く、むしろ、無料になっている国も多いので、日本も早急にそうすべきだと思う。
今から始めても何年かかるかわからないけれど、日本の今のシステムにいいところはあるのだろうか。

いままで権力者が国を好きに動かしやすい国だった、私たちの国って、民主主義国家というより王政とか専制君主制とかに近い、古臭いシステムのままきてしまって、国民主権という憲法があるのに、表面だけだったんじゃないだろうか。


プロフィール

newten

Author:newten
2008年9月リーマンショックの金融危機から日本の政治経済に目覚めた普通の主婦です。今までB層とバカにされていたと気がつきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード